戻る
― 団体紹介 ―
葛飾母親連絡会
こどもと区民を放射能から守る葛飾連絡会(公式ブログ)
こどもと区民を放射能から守る葛飾連絡会の活動(新婦人葛飾支部HP)
2014年葛飾母親大会
生命を生みだす母親は     
2014年 日(土)

        生命を育て 生命を守ることをのぞみます


2014年
葛飾母親大会  子どもたちに平和な未来を!

              会場:青戸地区センター 4F(エポックホール)
  資料代:500円
                                      葛飾区青戸5丁目20番6号

講演 「TPPでくらしはどうなる?

講師
 斎藤 敏之 さん (農民運動全国連絡会 常任理事)

DVD上映 「誰のためのTPP?―― 自由貿易のワナ ――  40
   監督は、ドキュメンタリー映画「ブラック企業にご用心―
                  ―就活・転職の落とし穴」などの作品で知られる土屋トカチさんです。

 主催:葛飾母親大会実行委員会
 (新婦人葛飾支部・葛教組女性部・土建主婦の会・民商婦人部・学童保育連絡協議会)

連絡先:母親連絡会事務局
 (新婦人葛飾支部内 ☎03-3604-6301 担当・久保 ☎03-3603-5775

TPPの異常をわかりやすく告発
        PARC(アジア太平洋資料センター)の
        新作DVD「誰のためのTPP? ― 自由貿易のワナ ―」は、カラー40分。
監督は、ドキュメンタリー映画「ブラック企業にご用心――就活・転職の落とし穴」などの作品で知られる土屋トカチさんです。
悩みながら就活に取り組む女子学生が、ある日、新宿駅頭で目にしたSTOP!!TPP市民アクションの宣伝行動を目にしたことから、「TPPって何? TPPに参加したら、自分たちの暮らしはどうなってしまうのだろう?」と追いかけ始める――DVDはそこから始まります。

行く先々でインタビューに答えるのは、農民連の白石淳一会長をはじめ、鈴木宣弘東京大学教授、全労連(全国労働組合総連合)の布施恵輔国際部長、PARC事務局長の内田聖子さんら15人。
そしてしだいに、農業と工業に二分化する議論ではTPPの本質にたどり着くことはできず、医療制度など日本の社会と経済全体に深くかかわる問題だということが明らかになっていきます。

アメリカのNGO「パブリック・シチズン」のロリ・ワラックさんや、NAFTA(北米自由貿易協定)に苦しむメキシコの労働組合の活動家のマリカルメン・リャマス・モンテスさんらも登場し、TPPの異常さを告発しています。

DVDではさらに、TPPの源泉である「自由貿易」「新自由主義」にも迫り、世界の経済と歴史も知ることができます。

完成記念上映会&トークライブ   
10月25日、特定非営利法人「アジア太平洋資料センター(PARC)」の新作DVD「誰のためのTPP?―自由貿易のワナ」の完成記念上映会&トークライブが東京・日比谷コンベンションホールで開催されました。
上映後には主演の清水由紀奈さんと監督の土屋トカチさんが壇上に上がり大きな拍手で迎えられました。清水さんは「映像というのは人に訴えかける力が大きいと思いました。わかりにくいことによる無関心を断ち切るいい手段だと思います。」と話しました。土屋監督は「TPPって何?PDF?PTA?という人に見てもらうことが大切なので、そういう構成にしました」と話していました。

トークライブではDVDに出演した鈴木宣弘・東京大学教授や農民連の白石淳一会長、PARCの内田聖子事務局長が出席。TPPに反対する弁護士ネットワークからも宇都宮健児弁護士が駆けつけました。

鈴木宣弘教授は情勢について「1%の人たちが99%の人々を放っておいて進めているのがTPPだ。
この暴走を許したら10年後の未来はない」と批判。
「これだけうそをついて進めるのは、国民をばかにしているやり方だ」と政府の姿勢を厳しく糾弾しました。

宇都宮けんじ弁護士は1989年のラルフ・ネーダーさんによる「情報公開は民主主義の通貨だ」との言葉を引用しながら、「TPPの秘密交渉や秘密保護法は民主主義に反している。
今必要なのは情報公開法の改正ではないか」と訴えました。
また「経済成長優先の新自由主義ではなく、なにが人々を幸せにするのか、考え直す時期に来ているのではないか」と社会のあり方に疑問を呈しました。

白石淳一会長はTPP交渉で日本が旗振り役を務めていることに対して、「怒りを感じる」と話し、「食べ物を生産し人間の命を支える農業を営々と続けていけるようにしたい。
そのためにもこのDVDを全国に広げていきたい」と語りました。
                                (新聞「農民」2013.11.11付)

*******************************
生命を生みだす母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます

2013年
葛飾母親大会   日時 2月3日(日) 午後1時30分~

子どもたちに平和な未来を!        会場 青戸地区センター

講演 「世界の宝・日本国憲法を守り、日米安保条約廃棄を」
            -超タカ派の、危険な改憲と日米同盟強化の動き-
講師 佐藤 光雄 さん
(日本平和委員会代表理事・原水爆禁止世界大会実行委員会、運営委員会代表)

 先の総選挙の結果成立した新政権は、憲法改悪、原発再稼動、増税など、私たちの願いにほど遠い政策を打ち出しています。
くらしといのちを守り、子どもたちに平和な未来を手渡すために、憲法と「諸悪の根源・日米安保条約」について学びましょう。

 「母親」だけでなく、男性も若者も、みなさんでお出かけください。
 DVD「どうする アンポ」の上映も用意しています。

と き  2013年2月3日(日) 午後1時30分~4時30分
ところ  青戸地区センター  4F エポックホール (葛飾区青戸5-20-6)
資料代  500円
主催:葛飾母親大会実行委員会
 (新婦人葛飾支部・葛教組女性部・土建主婦の会・民商婦人部・学童保育連絡協議会)

連絡先:母親連絡会事務局
 (新婦人葛飾支部内 ☎03-3604-6301 担当・久保 ☎03-3603-5775
*******************************
*******************************
葛飾母親連絡会
 -ご参加ありがとうございました-
2012年葛飾母親大会
放射能から生命を守るには
講演原発事故と 食品・水の汚染を
               
 どう考えるか
講師
 池上幸江さん (大妻女子大学名誉教授、
   薬学博士、日本科学者会議東京支部代表幹事)

 大震災から1年が経とうとしている今も、
原発と放射能の問題は、私たちの生活に
大きな不安を与えています。
 子どもや家族、大地や海を守るために、
私たちができることを学びあいましょう。

   

池上幸江先生の講演のプレゼン資料
PDF 放射能から生命を守るには


  日時 2012年2月18日(土)
             午後1時30分~
   会場 葛飾土建会館 3F大会議室
    (東京土建一般労働組合葛飾支部)
  
  葛飾区立石8-34-4葛飾小学校近く
    
 資料代500円 会場へのアクセス
  主催:葛飾母親大会実行委員会
   (新婦人葛飾支部、葛教組女性部、土建主婦の会、
           民商婦人部、学童保育連絡j協議会)
    連絡先:母親連絡会事務局(新婦人葛飾支部内 
              電話 
03-3604-6301

  -ご参加ありがとうございました-


    日本母親大会連絡会 へのリンク
  2012年葛飾母親大会

池上幸江先生の講演のプレゼン資料
PDF 放射能から生命を守るには


 新婦人かつしか2012年2月20日号から
 葛飾母親大会 2/18 於:東京土建会館
 「大震災から一年経とうとしている今も、原発と放射能の問題は、私たちの生活に大きな不安を与えています。
 子どもや家族、大地や海を守るために、私たちができることを学び合いましょう」と2月18日、葛飾母親大会が開かれました。
 講師には、大妻女子大学名誉教授、日本科学者会議東京支部代表幹事の池上幸江さんをお招きし『原発事故と食品・水の汚染をどう考えるか』と題し講演がありました。

 参加された方の感想が寄せられていますので紹介します。

☆池上先生のお話は、ある意味安心、またある意味深刻な状況がよくわかりました。
 イタズラに怖れず、知り、防いで少しでも被曝しない方法を知り多くの子どもを持つお母さんたちに知らせてあげたい。孫の世代が心配です。(T・O)

☆とてもわかりやすく良かった。残念なのは、子育て中の若い人がいなかった。もっと若い親に話しを聞いて欲しかった。

☆来月で震災がおこり一年がたちます。今日の講演で、原発事故による日常での食事等、処理方法他参考になりました。
 資料を再度見て若いママさんたちに話したいと思います。DVDから始まり、先生のお話しまでとても内容が良かったです。

☆科学も化学も女性は苦手とする分野だと思うが、池上先生のように女性として47年間働き続けた説得力がありました。『今さら聞けない放射能について』的なQ&Aが知ることが出来て良かったです。学習はこれからも継続的に必要と実感しました。
 

 最初に戻る       

 作成者情報 Copyright (C) 2011 新日本婦人の会葛飾支部.